たいせつじかん ?ほっと一息。少し休憩。幸せな時間?

コミュニティカフェ

満席必至!空と団地、富士山を眺めるコミュニティカフェ【ハマミ食堂 カオトオカ】(茅ヶ崎市浜見平)

茅ヶ崎にあるハマミ食堂カオトオカの外観

茅ヶ崎市浜見平にあるブランチ茅ヶ崎は、浜見平団地の大規模再開発にともない建設された複合施設です。ここには、茅ヶ崎市役所出張所をはじめ、郵便局、病院、保育園や地域育児センターなど、くらしに必要な施設がぎゅっと集約されていて、地域の住民にとってはなくてはならない存在―このブランチ茅ヶ崎の2階に、[ハマミ食堂 カオトオカ]はあります。

店舗正面はテラスが広がり、遮るものがないこの場所からは、まるで額縁に入れたような完璧な構図の富士山を眺めることができます。白亜の壁、スタイリッシュなインテリア、オープンエアで、広く開放的な店内。ここは、人がにぎわう流行のカフェそのもの。しかしじっさいのカオトオカは、人が集い、人がつながることを大切にする、正真正銘「コミュニティカフェ」として存在しています。今回は、ブランチ茅ヶ崎を中心としたコミュニティ活動を支援している[まちづくりスポット茅ヶ崎](以降、まちスポ茅ヶ崎)のスタッフさんに、コミュニティカフェとしてのカオトオカの魅力についてたっぷりお話をうかがいました。[ハマミ食堂 カオトオカ]は、コミュニティカフェとして、この地域でどんな役割を果たしているのでしょうか。

 

■地域に合った「居心地」をつくる

茅ヶ崎にあるハマミ食堂カオトオカの内観

-本日は、よろしくお願いします。全面にテラスがあるので、とても明るくて開放的ですね。さらにインテリアが落ち着いていて、温かみと安らぎを感じます。本当に素敵なカフェですね。

スタッフ:ありがとうございます。

-お店の名前も独創的ですね。よく見ると、回文(逆さから読んでも同じ読み方になる文)のようですね?白い壁に浮かんでいるロゴも、やさしい「カオ」が浮かんでくるようで、なんだか不思議な印象を受けます。

スタッフ:カオトオカは、2019年7月29日に全面リニューアルオープンしました。リニューアルにあたり、店名も新たにしました。地元茅ヶ崎のデザイナーさんがロゴを手掛けてくださったのですが、地域の方だからこそ思いが通ずるものがあり、素敵なロゴにしていただきました。地域のいろいろな方の「顔」と「カオ」がつながり、いろいろな人がつながっていく場所にしたいという思いを、しっかりと表現してくれています。

-なるほど!本当にこのカフェにぴったりの名前とロゴになっていると感じました。ところで、カフェを全面リニューアルすることになったはどうしてなのですか?

スタッフ:はい。以前はテーブル席だけの都会的なデザインのお店でした。しかし、この場所が地域の居場所になりゆくには、小さい子どもやママ、家族連れ、若い人、お年寄り、障がいのある方など、多様な人が日常的に利用しやすい場所にする必要がありました。そこで、利用してくださるお客さまに合わせて、良いものは残しながら、自分たちにできる範囲で改装しました。ふすまや壁などもない開放的なお座敷、奥にはポップな壁紙に存在感のある黒板を設置して、キッズコーナーも作りました。子どもたちはキッズコーナーで遊び、赤ちゃんはお座敷でごろごろして、ママたちはおしゃべりしながらゆっくりランチを楽しんでもらえたらという思いです。

-小さな赤ちゃんを連れたママたちやご家族連れが、みなさん足を伸ばしてのびのびと過ごされていますね。それに、店内はママたち世代だけじゃなくて、サラリーマン風の人、若い女性、高齢の方のグループなど、本当に多様な人々がくつろいでいらっしゃいますね。

スタッフ:はい。お座敷も、夜はあぐらで仲間とお酒を交わしていただいたり。いろいろな方から、以前のデザインよりずっとくつろげる場所になったと、好評をいただいています。

ハマミ食堂カオトオカのお座敷でくつろぐ親子

お座敷席でくつろぐママと赤ちゃんたち。
おしゃれなテキスタイルの壁紙と温かなメッセージが描かれた大きな黒板が、お座敷を素敵な空間に演出しています。

■日本一「〇〇が長い」コミュニティカフェ

茅ヶ崎にあるハマミ食堂カオトオカは年中無休

-カオトオカでは、アルコールも飲めるのですね!?アルコールを提供するコミュニティカフェは、めずらしいのではないでしょうか?

スタッフ:カオトオカの営業時間は、朝9時から夜10時まで。しっかりごはんも食べていただけますし、お酒も楽しんでいただけます(笑)。

夜10時までオープンしているのには理由があるのですよ。たとえば、目の前にある公共施設ハマミーナに入っている公立図書館は、閉館時間が夜の9時半なのです。図書館で本を借りたあと、ホッとひといきつけるカフェがあったらいいだろうなぁ・・・とか、共働きのご家族も多いので、仕事から帰宅してから少し遅い時間でも家族で夜ごはんを食べに出られる場所があればいいな・・・という思いがありました。また、このブランチ茅ヶ崎には、茅ヶ崎市役所の出張所やクリニックが入っていて、朝早くから人が行き交う場所なのです。ですから、これらの施設を利用する方たちが、いつでも気持ちよくカフェを利用できるようにと、この営業時間になりました。

-おお!それはうれしい!

スタッフ:カオトオカを自分の家のリビングのように気軽に利用してほしい、そんな思いがあります。そのためには、カオトオカがいつでも「そこにある当たり前」であることが必要だから、「定休日無し、年中無休」で営業しています。

-え!?営業時間だけでも驚きの長さなのに、定休日なし、年中無休営業なのですか??

スタッフ:はい。休憩したいとき、少し疲れたとき、ゆっくりしたいとき、おなかがすいたとき、うれしいとき、悲しいときに、いつでも気軽に立ち寄ってもらえるように毎日営業しています。じっさい、定休日無しというのは大変な面もありますが、スタッフの協力のもとがんばっています。朝はお散歩の途中でちょっとコーヒーを楽しみに立ち寄ってくださる方、仲間といっしょにランチをしたり、ひとりで時間をすごしたり。家のリビングに居るように、いつでもひといきついて自分に戻れるそんな場所になれたらと思っています。

-カオトオカは、日本一[営業している時間が長い]コミュニティカフェに間違いないですね!!

 

■「多国籍料理✕ハマミ食堂」

ハマミ食堂カオトオカは多国籍のランチメニューを提供

-朝から夜までの長い営業時間を支えるには、しっかりとしたお食事メニューが欠かせませんが、メニューを拝見すると、カフェではなくて、レストランそのもの!期待が高まります!!

スタッフ:ありがとうございます(笑)!”食堂”という名に負けない、納得のお食事のラインナップをご用意しています。ランチメニューの日替わり定食は、野菜をたくさん使用した数種類のおばんざいが小皿に盛られたセットが、ヘルシーで人気があります。どのメニューも安全安心な食材を使うことを大事にしています。

-お野菜不足のサラリーマンにもうれしいですね!そのほかにも、エスニックな雰囲気のメニューが目を引きますが。

スタッフ:アジアンメニューでは、台湾の魯肉飯やベトナムのバインミー、中華の麻婆豆腐なども本格的な味わいと好評です。一品料理など、その日のおすすめのお料理もありますし、気の合う仲間やご家族など、大人数でも気軽に利用していただけるように、パーティーメニューもあります。

-女性は多国籍料理が好きな人が多いですものね。そして、男性も納得のボリューム料理や、お年寄りや小さな子供も食べられる安全安心の食材を利用した料理など、一人ひとりの好みに寄りそって、なんともきめ細やかな食堂です!

スタッフ:ありがとうございます。

-ドリンク類やアルコールもたくさんの種類があるのですね!

スタッフ:はい、コーヒーはもちろんお子さまも飲めるジュース類、枝豆や野菜を使ったシェイクなどもあります。世界のめずらしいビールやクラフトビール、カクテルもご用意しています。お食事の楽しいひとときのエッセンスとしてゆったり過ごしていただけたらうれしいです。

-わぁ、ほんとだ!かわいらしいびんのビールが並んでいますね!海外のカフェに来たみたいです。デザートケースも素敵!中にかわいい焼き菓子が入っていますね。

スタッフ:デザートには、小麦粉と白糖を使わないグルテンフリースイーツのSAVOIAさんのケーキを召し上がっていただけます。たまにビーガン仕様のケーキも提供します。お子さまも安心して食べさせられるとママ達にも人気です。

-至れり尽くせりですね!それなのに、リーズナブルな価格設定で、1日中お店にいたくなりますね!

スタッフ:朝はコーヒーを飲みに来るお客さま、昼の早い時間にはお弁当の注文をしてくださる方、12時ごろはランチのお客さまで満席になります。午後はティータイムをまったり過ごされる地域の方がいらっしゃり、夜は家族や仲間とディナーを楽しむ。1日を通して多世代の方に利用していただいているのがありがたいです。

店内もオシャレなハマミ食堂カオトオカ

 

■「わたしが主役でいられる場所」

ハマミ食堂カオトオカに来店しているお客様の様子

-コミュニティカフェらしく、カオトオカでもたくさんイベントを開催されているのですね。

スタッフ:はい。カオトオカは、飲食だけでなく、イベントができる貸スペースの役割も担っています。たとえば、定期開催の「にちようマルシェ」。たくさんの人が集まり、各々小さなお店の店主になっていろいろな物を売っています。そのほか、アーティストをお呼びしてライブ会場になったり、ママ達のお話会や子ども映画祭など、たのしいイベントを開催しています。

-たくさんのイベントが開催されているのですね。ふらっと遊びに来たら、何か開催されている!そんな感じですね。

スタッフ:カオトオカの隣にある「まちスポ茅ヶ崎」で発行している「まちぽっち通信」というリーフレットに、イベントの開催カレンダーが載っていますのでぜひご覧になってください。イベントに来られるお客さま、アーティスト、マルシェ店主、みなさんそれぞれが自分が主役になれる時間を過ごせる場所になればいいなと思っています。

-本当に素敵なコミュニティカフェです!こんなコミュニティカフェがおうちの近くにあるなんて、この地域の方は本当にしあわせですね!

スタッフ:カオトオカの名前の由来は、回文のようにぐるぐる巡るイメージで、顔と顔を合わせてつながりができたらという思いが込められています。その名の通りに、カオトオカが人と人がつながる場になるための接着剤の役割になれたら、うれしいですね。

2019年11月のハマミ食堂カオトオの様子

※掲載文章は2019年11月現在の内容です。

現在、ハマミ食堂カオトオカは、コロナ感染拡大予防対策のため、営業時間を短縮したり、デリバリーやテイクアウトに力を入れるなど、営業内容を変更して運営されています。

また、パルシステム神奈川ゆめコープと協働で、「ステーションパル」の運営もスタートしました。ステーションパルとは、パルシステムの食材を、あらかじめ登録したステーションで直接受け取ることができるしくみで、会社帰りや、お散歩のついでに、カオトオカで、食材をピックアップすることができるサービスです。あらかじめ注文をしているので、混みあったスーパーでのお買い物と比較して、お店の滞在時間を短くできて安全であることは大きなメリットです。この町のコミュニティカフェは、想像さえしていなかった試練に向き合いながら、この町の「With コロナの新しい生活様式」を支えはじめているのだなと感じました。

 

ハマミ食堂 カオトオカの店舗情報
店名 ハマミ食堂 カオトオカ
席数 総席数 70席(座敷席あり、ソファー席あり、テラス、屋外席あり)※2020年7月現在、常時10組程度のご利用とさせていただいています。
個室 なし
電話番号 0467-33-6331
最寄り駅 JR茅ヶ崎駅
アクセス JR茅ヶ崎駅駅から徒歩25分、またはバス10分(茅33・35・37系統「団地中央」下車)
住所 〒253-0062 神奈川県茅ヶ崎市浜見平11-1BRANCH茅ヶ崎2F
営業時間 10:00~17:00
定休日 年中無休
ホームページ https://kaotooka.com
食事の提供 ドリンク、ランチ、一品料理、スイーツ
レンタルスペース あり
レンタル棚ショップ なし
Wi-Fi 無料接続可(SoftBank、docomo、au)
充電 電源利用可
プロジェクタ投影 可(プロジェクタレンタルは別途有料)
おむつ替え設備 あり
ベビーカー入店
離乳食 なし (お湯の提供相談可)
ベビーシート あり
車いす着席 可(バリアフリー)※詳細はお問い合わせください
車いす手洗い 利用可 ※詳細はお問い合わせください

パルシステム神奈川からのお知らせ

編集部メンバー

編集長
かなさん

ふたりの子どもがいるワーママ。お酒が好き。とにかく声が大きい。

ライター
せいくん

家事全般、特に料理が得意な新人ライター。気も声も小さい。

ライター
ゆめちゃん

好奇心旺盛。食べ歩きや女子会が大好き。いつもTシャツ。

カテゴリー

あわせて読みたい