たいせつじかん ?ほっと一息。少し休憩。幸せな時間?

輝く男性インタビュー

本拠地を横浜に移す東京エクセレンス。そこでヘッドコーチを務める湘南サンズのオーナー 石田剛規さんのインタビュー

元プロバスケットボール選手の石田剛規さん

元プロバスケットボール選手の石田剛規さんは、B.LEAGUE所属のプロバスケットボールチーム東京エクセレンスのヘッドコーチでありながら、3人制バスケットボールチームの湘南サンズのオーナーとしてチームの経営もされています。

石田さんがいかにして、このようなキャリアを歩むようになったのか、そして、この先のビジョンをどのように描いているのかをお聞きしてきました。

選手時代の挫折から学んだことが大きかったというお話は、どんな職業、立場の方でもうなずけることが多いと思います。ぜひ、お楽しみください。

 

聞き手:たいせつじかん編集部

 

■挫折をとおして知った自分の新たな可能性

学生時代のお話をされる石田さん

-石田さんはさまざまなご経歴をおもちだとうかがいましたが、まずは学生時代からプロバスケットボール選手になるまでのお話をお聞かせください。

石田さん:私は、高校までは地元の茨城県で過ごしました。ずっとバスケットボールをやっていましたが、全国大会に出場することは1度もありませんでした。

しかし、茨城国体チームに選抜されたことをきっかけとして、そのあと進学することになる慶應義塾大学のバスケットボール部の方と出会い、慶應義塾大学に進学しました。

バスケットボールは大学までと考えていたので大学院に進み、興味のあった建築についてより深く学ぼうと思っていました。

-そのようなお考えからプロバスケットボール選手になられたのはどういう経緯からなんですか?

石田さん:私が入学した当初の慶應義塾大学バスケットボール部は、大学リーグの2部に属していて強豪チームではありませんでした。しかし同期や後輩に、のちに日本代表に名を連ねるような選手が多く入学し、いっきにチームも強くなりました。並行して個人としてのスキルも向上していきました。

大学生の代表のセレクションにも合格するようになり、実績面でもそのあとのバスケットボールの可能性を新たに見出すことに繋がったなかで、トヨタ自動車アルバルクというチームのヘッドコーチに声をかけてもらいバスケットボール選手になるという選択をしました。

-なるほど。大学生活をとおしてバスケットボール選手としてご自身の可能性がいっきに広がったということなんですね!

石田さん:そうですね。在学中は、勉強をしながらバスケットボールをやるという生活でしたので、トップの実業団チームに入って生活の100%をバスケットボールにかけてみようと思いました。自分でもどこまでやることができるのかという新しい挑戦を楽しみにしていました。

-では、そのあとの選手生活について教えてください。

石田さん:100%バスケットボールに気持ちを切り替えようと思っていた矢先にアンダーカテゴリの日本代表として出場した大会で膝の前十字じん帯断裂という大きなけがをしてしまいした。

このことは、本当にショックが大きくて立ち直るまでは多くの時間が必要でした。

-新しくひらけた可能性に大きな期待をいだいていただけにショックは大きかったでしょうね…そこからはどのようして立ち直られたのですか?

石田さん:立ち直ったというよりも気持ちを切り替えたという方が正しいかもしれません。けがをしている今しかできないことをやろうと考え、個人的には、読書を重ねてバスケットボール以外のことに目を向けることしました。また、チームとしては、試合の受付でチケット販売を手伝い、試合に出ている選手のケアを積極的にやるように心がけました。

その結果、バスケットボール以外のことへの興味も広がりましたし、もっとも良かったことは、試合に出られない選手の気持ちを知ることができたことです。この時間は、今振り返ってみてもとても大切な時間だったと思います。

-気持ちを切り替え、今しかできないことを全力でやりきったからこそ大切な時間であったと言えるのでしょうね。では、けがから復帰されたあとはどうでしたか?

石田さん:約2年かけて復帰し、そのあと2年間はバスケットボール選手として生活することになりました。しかし、結果としては、充実した選手生活を送ることはできませんでした。思うようにからだが動かない不安やストレスが大きく、そのせいでバスケットボールをすることが楽しくなくなってきて、このまま続けていられないという思いになり引退を決意しました。

-そうだったのですね。やはりけがの影響は大きかったんですね。

石田さん:それもあると思いますが、レベルの高いチームであったこともあり有望選手が毎年のように入ってきます。心身に不安やストレスがあるなかで、彼らと高いレベルで競い合うことは非常にむずかしかったです。けがの影響と気持ちの問題のふたつがあったと思います。

しかし、この引退をきっかけにたくさんの新しい挑戦ができましたので当時の決断には後悔はありません。

 

■純粋に楽しむ気持ちが大切

引退後のキャリアについて語る石田さん

-引退後のキャリアについて教えてください。

石田さん:引退後は、企業に就職しようと考えていたのですが、結果的にうまく話しがまとまらなかったので、フリーで全国の子どもたちにバスケットボールを教える活動をしたり、そのいっかんでバスケットボールを主軸としたドラマでバスケットボールの表現を教える仕事について、そのまま俳優として出演させていただいたりと、自由な立場を最大限に活用しておもしろいと感じたことに積極的に挑戦するようにしました。

-石田さんは常に目の前の想定外の状況を楽しむという考え方でさまざまな困難を乗り越えてきていらっしゃいますね!

石田さん:意識していたわけではなくお話が来たものをとりあえずやってみようとだけ思っていました。そして、やったからには問題意識をもって取り組んで、自分ごとにして考えるということは大切ですね。

-そのあとは、もう1度選手として復帰されるんですよね?

石田さん:そうなんです。子どもたちにバスケットボールを教える活動をとおして、バスケットボールの魅力を再確認したということがきっかけでした。

山梨県の知的障がいをもっている子どもたちといっしょにバスケットボールをしたときに、純粋にバスケットボールを楽しんでいる子どもたちを見て、「バスケットボールは楽しんでやらないといけない」と強く思いました。

そして、慶應大学の後輩から「千葉ジェッツ」というチームを立ち上げるから手伝ってくれという話をもらい、2011年に千葉ジェッツにドラフトで選んでいただき選手として復帰しました。

-ええええ、それはまたすごいですね。でも、本格的にバスケットボールはお休みしていたわけですよね?

石田さん:現在ヘッドコーチとして在籍している東京エクセレンスの前身のチームでプレイヤーとして参加をしていたので、からだは動かしていましたし、そこで純粋にバスケットボールを楽しんでいましたので、身も心もとても充実していましたね。

そのあと、千葉ジェッツに2年間在籍して、30歳を目前にしたタイミングで新しいキャリアに挑戦しようと考え、東京エクセレンスに移り、選手以外の活動も始めました。

-30歳で選手としてのキャリアに区切りをつけるというのは早いように感じますがどのような思いから決めたのですか?

石田さん:バスケットボールには100%で打ち込んでいたので充実した時間ではあったのですが、並行して引退後の生活をより具体的にイメージするようになっていました。

1回目の引退後に社会に出た自分ができることの少なさを痛感していたので、今後のキャリアをより充実させるためにこのタイミングで新しい挑戦をしようと思ったんですね。

 

■指導者、そしてチームオーナーとして

-現在は、東京エクセレンスのヘッドコーチと湘南サンズのオーナーというふたつのお仕事をしていらっしゃると思いますが、まずはヘッドコーチに就任されたいきさつから教えてください。

石田さん:Bリーグ3部に所属する東京エクセレンスでは、4年間プレイヤーとして在籍したあとにヘッドコーチとしてオファーをいただき今に至ります。

正直に言うと、ヘッドコーチ就任時には、湘南サンズのオーナーもやっていましたし、NBAの解説の仕事などもやらせていただいていたうえに、さらにコーチの経験はゼロでしたので選択には迷いがありました。しかし、選手時代にこうしたらもっとチームは良くなるというアイデアをもっていたのでそれを表現する場をいただけたと考えて挑戦することとしました。

-でも、Bリーグのコーチになるには資格が必要なんですよね?選手時代に資格を取得していたということですか?

石田さん:そうです。選手として復帰する前に子どもたちに教え始めたころからコーチの資格を取得し始めていたので、その点は問題ありませんでした。

-やっぱり、目の前の可能性を自分ごとにとらえて取り組んだ結果がここにも繋がってくるんですね。

石田さん:結果的にはそうなりますね。実際に、湘南サンズのはじまりもプレイヤー時代にたまたま日本で3人制のバスケットボール3×3(スリーバイスリー ※現在はスリーエックススリー)が立ち上がるという話を耳にして、興味をもったのでチーム設立のための説明会に参加したことがきっかけなんですよね。

-なんとなく参加した説明会での内容を聞いてやってみようと思ったのですか?

石田さん:説明を聞いてチームを立ち上げるまでのイメージはある程度明確に見えたことと、自分たちの手で生み出したスポーツチームはどのような展開が可能なのかを知りたくなりました。

-では、東京エクセレンスのヘッドコーチ、そして湘南サンズのオーナーとしての今後の展望を教えてください。

石田さん:東京エクセレンスには、チームに強い思いをもってくれている選手が集まっていますから、勝利に向けて言葉だけでなく熱い思いや行動で示すことができるチームにしていきたいです。

また、湘南サンズは、地域のプラットフォームとしての機能をもちながら活動ができるようになると良いなと考えています。

スポーツ選手としての彼ら彼女らだからこそ、発信し伝えることができるメッセージがあると思いますので、地域の方々と双方向で協力しながら存続していくチームを作りたいです。

-最後に、東京エクセレンスは横浜にホームタウンを移されることが決まっていますが、意気込みを教えてください!

石田さん:他競技のプロスポーツチームも多い横浜でバスケットボールができることはチームにかかわるスタッフ、選手にとっても非常に幸せなことだと感じています。

しかし、その分責任は生まれてくると思いますので、ファンのみなさんの厳しい目に耐えられるようないいパフォーマンス、いい表現をお見せできるようにチーム一同、常に意識し、良い緊張感をもってシーズンに挑みたいと思います。

-今日はありがとうございました。

 

編集部のひとこと

ライター

せいくん

石田さんは、常に新しいことに挑戦をされてきました。それはプロ選手を引退したあとに対する危機感も動機のひとつであったとお話をされましたが、何よりも危機感を具体的な行動に移す行動力に今の石田さんのキャリアを築かれた理由があるのだと思います。

今、スポーツチームを取り巻く環境は決して良いものとは言えません。しかし、きっと乗り越えられます。いつか、満員の会場で大声を出して応援できる日が来ると信じて今できるやりかたで私たちも応援していきたいと思います。

編集部メンバー

編集長
かなさん

ふたりの子どもがいるワーママ。お酒が好き。とにかく声が大きい。

ライター
せいくん

家事全般、特に料理が得意な新人ライター。気も声も小さい。

ライター
ゆめちゃん

好奇心旺盛。食べ歩きや女子会が大好き。いつもTシャツ。

あわせて読みたい