たいせつじかん ?ほっと一息。少し休憩。幸せな時間?

お出かけスポットインタビュー

空がとても近く感じる!!季節を感じながら1日過ごせるソレイユの丘 相川なつきさんのインタビューです!

長井海の手公園ソレイユの丘の相川なつきさん

ソレイユの丘 広報担当の相川なつきさん
※撮影時のみマスクを外していただきました。撮影は一定の距離をとって行っております。

三浦半島に位置する横須賀市の丘の上にある長井海の手公園ソレイユの丘。小高い丘の上にあり、空がとても近く感じ、そして心地よい風に包まれます。また、自然豊かな園内は四季折々の表情を見せてくるそうです。

園内はさまざまな見どころがあり、1日中飽きずに過ごせると家族連れに大人気のスポットです。

そんなソレイユの丘の魅力をたくさんお聞きしてきました!
ぜひお楽しみください。

 

聞き手:たいせつじかん編集部

 

■入場料無料で1日いても飽きない体験型総合公園

ソレイユの丘について話す相川さん

-ソレイユの丘の開業はいつころだったのですか?

相川さん:開業は、2005年です。ですから、開業から15年以上となります。

-そうなんですね!そしてとても広いと思うのですが、どのくらいの広さがあるのですか?

相川さん:東京ドームの約5個分ですので、24.6haあります。かなり広い公園だと思います。

また、ここの場所は縦長でおもしろい形をしているのですが、この場所は、もともと日本軍の施設になっており航空隊の滑走路だったので、その名残なんです。

-なるほど。今日もご家族連れの方が多いようですがどのくらいの方が来場されるのですか?

相川さん:2019年は年間で74万人の方に来場いただきました。入場料が無料なので、地元の方は自転車でいらっしゃいますし、電車でいらっしゃる方は京浜急行の三崎口駅から直通バスが出ていますので、そちらをご利用いただいてご来場されます。

また、駐車場もかなりの広さがありますのでお車でも安心してご来場いただけます。

-これだけ広いと1日いても飽きずに過ごせそうですね。

相川さん:そうですね。遊具もありますし、アトラクションもあります。さらに、収穫体験までできますので、ご家族で楽しんでいただけると思います。

 

■見どころ、遊びどころが満載。

取材日は菜の花がきれいでした!

-では、相川さんの目から見たソレイユの丘のおすすめポイントを教えてください!

相川さん:たくさんありすぎて絞り切れませんが、まずは入口を入ってすぐの大きなお花畑と農園ですね。お花畑は、5,000㎡の敷地に冬は菜の花、夏はひまわりがいち面に咲きます。いち面が黄色く染まり本当に圧巻です。

また、お花畑の向かいにある農園では、季節折々の野菜を栽培していて収穫体験を楽しんでいただけます。

取材日の農園は大根やキャベツが栽培されていました。 

-お花畑も農園もとても広く驚きましたが、ここは小さなお子さまからおとなまで楽しめますね。

相川さん:そうなんです。お花畑は写真撮影にいらっしゃる方も多くて楽しみ方はたくさんありますよね。さらに、収穫体験をされたご家族の方から、子どもが嫌いだった野菜を収穫体験後に食べられるようになったというエピソードをお聞きすることもあるので、おうちに帰ってからもソレイユの丘での思い出を楽しんでもらえていると知ってスタッフ一同本当にうれしかったですね。

-さらに、遊具もかなりの数がそろっていますね?

相川さん:そうなんです。キッズガーデンとソレイユ☆パイレーツの2カ所の大型複合遊具があります。小学生以下のお子さまが思いっきり遊べてしかも無料なんです。

ソレイユの丘のキッズガーデン

キッズガーデン

ソレイユ☆パイレーツ

ソレイユ☆パイレーツ

-キッズガーデンもソレイユ☆パイレーツも、よく見る公園の遊具とは規模が違うので子どもたちは楽しいでしょうね。

相川さん:本当にそうなんです。ここで遊んでいる子どもたちをみると笑顔がはじけているという印象をもちますし、からだいっぱい遊んでくれていると思いますね(笑)。

また、自由に遊べる芝生広場もありますし、じゃぶじゃぶ池もあります。じゃぶじゃぶ池は水深が5〜30㎝としているので小さなお子さまで安心して遊んでいただけますので夏場は大人気ですね。

芝生広場に隣接する芝そりゲレンデ。これも大きい!!

じゃぶじゃぶ池。冬場はニジマス釣りが楽しめます。

ニジマスがいっぱい!釣ったニジマスは、特設会場で炭火焼きにして食べられるそうです!

-あと、アトラクションもたくさんありますね!とくに、観覧車が目を引きます!

相川さん:そうですね、有料となりますがお子さまからおとなまで楽しんでいただけるアトラクションエリアがあります。

観覧車は2017年に作りました。三浦半島唯一の観覧車で約30mの高さ、約7分間をかけて空中散歩ができます。天気がいい日ですと、大島や富士山も見えます。さらに夕日の時間はとてもすてきな景色が見られます!

ほかにも、ゴーカートやおもしろ自転車、メリーゴーランドなどたくさんの遊具がありますね。

また、園内を1周するロードトレインも楽しいと思います。

観覧車。取材日は平日でしたがたくさんのお客さんで賑わっていました。

わたしも小さいころ大好きだったおもしろ自転車!

ソレイユの丘の園内を1周するロードトレイン

園内を1周するロードトレイン

 ―さらに、動物園まであるんですね!

相川さん:規模はそれほど大きくないのですが、ふれあい動物村があります。

そこには、カピパラ、カンガルー、アルパカ、犬、ウサギ、ポニーなどがいて、餌やりやふれあうことができます。カピパラは冬が苦手なので温泉を作ってあげて入っている姿が見られるイベントもしております。

ひなたぼっこをするカピパラ

-これは、見どころも遊びどころもたくさんあって1日ではまわりきれませんね!

相川さん:そうなんです!何度来ていただいても飽きないようにということを意識してスタッフ一同でプログラムづくりをしています。

さらに、園内すべてフラットになっているのでベビーカーや車椅子でも問題なく動くことができます。それでも疲れてしまったらロードトレインで移動していただければいいですね。

また、園内の真ん中に水上ステージがあり、週末には音楽イベントやショーもやっているのでお弁当をもってきていただいて見ながら食べることもできます。

-そうなると、顔見知りのお客さんもいらっしゃいそうですね?

相川さん:顔なじみになっているお客さまもいらっしゃいます!

 

■遊ぶだけじゃない!宿泊も、飲食も、お風呂も!

バンガローもとてもきれいです!

-キャンプ施設がとても人気だとお聞きしましたが、宿泊もできるんですね!

相川さん:そうなんです。キャンプは、バンガロー、オートキャンプ、テント、スタイルキャビンとさまざまなスタイルでキャンプを楽しんでいただけるようになっています。昨今のキャンプ人気が背景にあるかもしれませんが、90日前から予約受付をするのですが、すぐ予約が埋まってしまうようです。

オートキャンプ。車を横づけしキャンプが楽しめます。

フリーサイトもとても広いですね!

2020年10月に導入されたスタイルキャビン。キャンプ初心者の方におすすめとのこと。 

-でも、ここであれば夕日や星空がとてもきれいですから夜の魅力も満載ですね!

相川さん:そうなんです!夕焼けも星空もとてもきれいなんです。とくに、丘の上ですので遮るものがないので夜は見渡すかぎりの星空なのでぜひご覧いただきたいですね。

さらに、6月には500匹ほどヘイケボタルを見ることができます。夜のソレイユの丘も楽しいと思います。

-食事はできますか?

相川さん:園内には、レストランもありますし、手ぶらでBBQができる施設もありますので大丈夫です。また、海と夕日の湯という温浴施設もあります。

-となると、文字どおり1日遊べる施設なんですね。想像以上に充実していて驚いています!これだけ見どころがあるソレイユの丘ですが、相川さんがいちばん好きな場所を教えていただけますか?

相川さん:農園をあがったところから見る景色は毎日同じ景色がないというくらい変わります。お花の季節だったり空気だったり富士山の様子だったり相模湾の景色だったり、いろんなことを思わせてくれるのでそこがおすすめです。

ここの景色を見るたびに、ここで働いてよかったなと思います。

相川さんおすすめの景色。とてもきれいで驚きました。 

-最後に、相川さんからみたソレイユの丘の魅力を教えてください。

相川さん:1日中いても飽きない公園になっています。また、安心安全にもかなり気をつけており、各プロフェッショナルが分担してレストラン、維持管理、お花の管理をしております。それぞれの分野でプロのスタッフが管理、運営している公園なので、自信をもって安心してご利用いただける公園であることだと思います。

-今日はありがとうございました。

 

編集部のひとこと

ライター

せいくん

ソレイユの丘は、とにかく広くて見どころ満載でした。また、丘の上にあるということで、海が眼下に広がり空が近いという日常ではなかなか見ることのできない景色があります。ぜひ、次のお休みにいかがでしょうか?

また、相川さんのお話にもありましたがスタッフのみなさんがソレイユの丘が大好きなのだろうなと伝わってくることが印象的でした。みんなが笑顔で楽しそうにお仕事をされていました。

働く人も遊びに来る人もみんなが幸せな公園でした。

編集部メンバー

編集長
かなさん

ふたりの子どもがいるワーママ。お酒が好き。とにかく声が大きい。

ライター
せいくん

家事全般、特に料理が得意な新人ライター。気も声も小さい。

ライター
ゆめちゃん

好奇心旺盛。食べ歩きや女子会が大好き。いつもTシャツ。

あわせて読みたい